カメラ

カメラ購入の参考に?カメラ・メーカーの種類や特徴について

投稿日:2018年2月14日 更新日:

あなたはカメラが欲しい!となった時に何を重視して選ぼうと思いますか?

求める要素は人それぞれだと思います。

とは言いつつも何を基準に選べば良いのかわからない、求める要素を満たしてくれるカメラがわからないなんて方も多いかと思います。

カメラ購入で失敗したくない、そんなカメラ購入を迷っている方の参考になればと思います。

デジタルカメラの種類

コンパクトデジタルカメラ

カメラとして販売されているものの中で一番お手頃なのがコンパクトデジタルカメラでしょう。

サイズもタバコの箱より少し大きいぐらいのサイズから展開されており、その名の通りコンパクトで持ち運びに便利です。

一般的なモデルであればズームもしっかり出来るため、近くのものから遠くのものまで被写体を選ばず写真が撮影出来るのもメリットでしょう。

レンズ交換は出来ません。

お財布に優しい!

プレミアムコンパクトなんてジャンルがありまして、RXシリーズやX70・100シリーズのように10万を超えてくるモデルもありますが…

ネオ一眼

見た目は後で紹介するミラーレス一眼や一眼レフに非常に似ている見た目ですが、こちらはレンズ交換が出来ないものになります。

コンパクトデジタルカメラと比べると大きなサイズですが、ズーム性能はネオ一眼の方が有利です。

有名なのはニコンのCOOLPIX P900でしょうか。

なんとズーム倍率83倍、テーブルフォトから月の撮影ぐらいまでを可能としてしまう性能です。

レンズ交換式のカメラも含めてここまでのズーム倍率は他にないでしょう。

ミラーレス一眼

最近流行ってるのがミラーレス一眼じゃないでしょうか。

カメラの構造として「ミラーが無い=ミラーレス」というそのまんまな名前がついてますが、ここの意味は分からなくてもOKです。

カメラ内部にミラーが無いことによって

  • 本体・レンズを小さく出来る
  • 本体を軽く出来る

等々のメリットがあります。

コンパクトデジタルカメラやネオ一眼と大きく違うのは、レンズ交換式というところでしょう。

シーンに合わせてレンズを交換して撮ることが出来る反面、レンズを複数本持つことになるのでお財布には厳しいかも…?

後で出てきます「マイクロフォーサーズ」というセンサーサイズを採用しているのはミラーレス一眼のみとなります。

ここ数年勢いのあるSONYのαシリーズや女性に人気のオリンパスのPENシリーズ、キヤノンのEOS Mシリーズが代表的なモノになると思います。

僕が所有しているフジフイルムのXシリーズもミラーレス一眼に該当します。

一眼レフ

カメラといえばコレ!と言いたくなる外観をしているのが一眼レフだと思います。

サイズも大きく、「カメラですよ!撮ってますよ!」と自己主張しているかのごとき見た目ですよね。

レンズ交換式ということもあって、持ってるだけで凄そうに見えるかもしれません。

個人的には一眼レフが一番「撮るぞ!」という気にさせてくれます(笑)

先の3つに比べて異なるのはモデルにもよりますが

  • 本体・レンズ共に大きい
  • 本体・レンズ共に重い
  • レンズの種類が多い

といったところでしょうか。

上級機にもなると本体だけで1kg、レンズと合わせると2kgオーバーになるなんてことも。

ただ、入門機もちゃんとあるので、見た目に圧倒されて選択肢から外してしまうのはもったいないと思います。

キヤノンのEOSやKissシリーズ、ニコンのDシリーズ、ペンタックスのKシリーズが代表的というかほぼ全てになります。

ソニーも一応出してはいますが…

センサーサイズの種類

デジタルカメラにおいてはほぼ

センサーサイズの大きさ=画質の良さ

といっても過言ではないのではないでしょうか。

…というのが通説だったかと思いますが、最近は技術の向上もあって小さいセンサーでも非常に綺麗に写るので「ボケやすいかどうか」ぐらいの認識で良いかと思います。

1/2.3~1インチ

コンパクトデジタルカメラに採用されているセンサーサイズですね。

iPhoneが1/3インチなのでめちゃくちゃ大きい!というわけではありませんが、それでもスマホよりはボケやすい大きさです。

ただ、マイクロフォーサーズ以降のセンサーと比べればほぼボケませんので、ボケを求めるなら選択肢から外れてしまうかと思います。

裏を返せばある程度適当に撮っても大体ピントが合うということで、記念写真やスナップ写真にはもってこいですね。

マイクロフォーサーズ

オリンパスとパナソニックが協同で開発したセンサーサイズ。

適度なボケと画質を両立する絶妙なサイズです。

このセンサーサイズ規格のレンズはメーカー関係なく使えるというのも大きなメリット。

ボディ・レンズ共に小さいので取り回しも良く、使いやすさ抜群でしょう。

コンパクトデジタルカメラと同じように、よりボケを求めるのであれば更に大きいセンサーを選ぶしかありません。

マイクロフォーサーズのボケるレンズ(明るいレンズ)も高いですからね…。

APS-C

マイクロフォーサーズに食われつつも、初級~中級を支えているのがAPS-Cでしょう。

ボケやすい・画質が良い・(入門機なら)値段もある程度手頃と三拍子揃っています。

コンパクトデジタルカメラから一眼レフまで、幅広い種類のボディで販売されているサイズです。

ボディが少し大きめになってしまうのと、選択肢が多くなりすぎてしまうのがデメリットでしょうか。

フルサイズ

みんなの憧れフルサイズ。

サイズも値段も上級機、いきなり買うにはかなり敷居が高くなります。

ただ、お値段相応に写りの良さや堅牢性、レンズの選択肢等全てがずば抜けています。

サイズに関してはソニーのαシリーズであればかなり小さくなりますが、結局のところレンズが大きくなるので取り回しは抜群に悪くなります。

広角を撮りたい!となると構造上フルサイズが有利になるので、「○○を広角で撮りたい」みたいな明確な目的がないと中々手が出ない領域ですね。

中判

フルサイズを鼻で笑う圧倒的なセンサーサイズを誇るのが中判。

現状デジタルカメラで選択肢となると

  • ペンタックスの645Z
  • フジフイルムのGFX50S
  • ハッセルブラッドのX1D-50c

ぐらいしか選択肢が無いのかな…?

入門機や初級機なんて概念は存在せず、カメラを趣味にしている人でも選択肢には中々入れないであろうお値段でございます。

X1D-50cなんて本体だけで100万軽く超えてますからね…

もちろん「最初に買うのは中判!これしかない!」なんて方がいれば止めません、むしろ使ってみた感想を聞かせてください…。

そのままちょっと触らせてほしいぐらいです(笑)

メーカー毎の特色

メーカーによって取り扱っている本体の種類やセンサーサイズが異なります。

写真の写りにもメーカーの特色が出てきますので、公式サイトやレビューサイトの作例を見てみたほうが早いかもしれません。

キヤノン

コンパクト・ミラーレス・一眼レフと3種類揃えているのがキヤノン。

販売台数も多く、周りでカメラを持っている人の中でもキヤノンを使っている人は多いのでは?

初心者からプロまで手広くカバーしてますし、誰にでも安心しておすすめできるメーカーだと思います。

写りについてはクッキリコッテリな感じで、発色が良いのが特徴です。

肌色がキレイに出て人を撮るのに向いているであったり、記憶色に近いとも言われますね。

ニコン

キヤノンと双璧をなすのがニコン。

こちらもコンパクトから一眼レフまで揃えています。

(ミラーレスは動きがないようですが…)

よく見かけるのがキヤノンに比べて「玄人向き」という表現でしょうか。

写りはシャープで高精細、色は抑えめで記録色。

より自然な画が撮れると思います。

ペンタックス

男のペンタックス!
(女性ユーザーの方、すいません…)

二輪業界のカワサキとも言える色物扱い?されがちなペンタックスですが、入門機から機能に出し惜しみをしない姿勢が評価されてます。

特に堅牢性は高く、アウトドアな撮影にもってこいですね。

緑の発色には定評があり、自然風景には強いとされています。

ソニー

圧倒的高性能で畳み掛けるソニー。

画質の高さ、オートフォーカス性能の高さ等スペックが非常に高いモデルが多いです。

初期はレンズの種類の少なさが弱いところでしたが、最近ではその弱さも克服しつつあります。

特にフルサイズ機はキヤノン・ニコンの2強だったところへ続々と新機種を投入し、最近ではα9がその性能の高さに大きく話題になりました。

今一番勢いのあるメーカーではないでしょうか。

オリンパス

マイクロフォーサーズ規格の可愛い担当がオリンパス。

なんて勝手に呼びましたが、オリンパスのPENシリーズは「女性向け」として売られているシリーズだと思います。

女優の宮崎あおいさんを起用されてますしね。

手頃なサイズと女性でも持ちやすい威圧感の無いデザインを展開するPENシリーズ。

上級機もありますよーと打ち出しているO-MDシリーズ。

カメラに興味を持ち出した層へはPENシリーズを、がっつりカメラを使っていきたい層へはO-MDシリーズと住み分けがしっかりされてますね。

どちらも描写には不満無し、良いカメラだと思います。

発色も比較的良い写りで非常に使いやすいですね。

パナソニック

動画用のカメラのイメージが強いパナソニック。

「ミラーレス一眼で4K動画」が撮れるカメラを世界で初めてリリースしてます。

強力な手ブレ補正も備えており、車載動画(車の車内にカメラを固定して動画を撮影すること)用のカメラなんかにもよく使われていますね。

動画機能が強力だからといって静止画機能が弱いかというとそんなことはなく、静止画もキレイに撮れます。

オリンパスよりは本体が大きくなりがちかなーとは思いますが…。

フジフイルム

クラシカルな見た目と独特の発色のフジフイルムです。

名前の通りフィルムだったり、最近再ブームの写ルンですのメーカーのイメージが強そうですが、デジタルカメラも扱っています。

実際に販売されていたフィルムを再現出来る設定が大きな魅力でしょうか。

クラシカルな本体が持ってるだけでお洒落に見えるのも魅力かも???

まとめ

知っている範囲でカメラの種類とメーカーの特色を書いてみました。

実際に触ってみないと分からないことがたくさんあると思うので、是非一度触ってみてください。

触る前の参考になればと思います。

そして楽しいカメラライフを!

PC_Adsense




PC_Adsense




-カメラ
-,

Copyright© チンクとかX-T2とか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.