新しいマニュアル限定車、FIAT500S Manualeが登場

投稿日:2018年6月7日 更新日:

FIATから定期的に発売されるマニュアル限定車が2018年、また登場しましたね。

今回はマニュアルのイタリア読みである「Manuale(マヌアーレ)」

FIAT500S Manuale

各色合わせて計100台の限定車

販売される台数はFIAT500Sとしては定番の限定100台

(アルペングリーンが60台、イタリアブルーが40台)

全国で100台、それもカタログモデルとしては存在しない(=限定車でしか手に入らない)TwinAirエンジン搭載のマニュアル車ということで、今回もかなりの速さで売り切れてしまうのではないでしょうか。

僕が購入したFIAT500S Plusも発表のその日に3色中1色は売り切れ、1色がラスト1台なんて状態でしたから…。

気になる方は急いで最寄りのディーラーへ赴いた方が後悔しないと思います。

ベースは2016年に発売されたFIAT500Sと同様

マニュアル車であること以外に限定要素は大きくは無いようです。

2016年に登場した、マイナーチェンジ後初めて発売されたFIAT500Sと何も変わっていません。

500Sとしての特別装備はありますが、Manualeにしか無い特別装備は特にありません

(PlusはPlus限定ホイール、DecibelはDecibel専用ホイール+beatsオーディオ搭載)

マイナーチェンジ後のFIAT500Sのベースモデルを名前を変えての再販、みたいな仕様になっています。

変更点はカラーバリエーションのみ

1点特別なところがあるとすれば、カラーバリエーションが固有のものになっています

と言っても、FIAT500S Plusで登場したアルペングリーン(アルピグリーン)とイタリアブルー(ブルーイタリー)と同様の色ですが。

FIAT500S Plusのホイール履き替えただけ版ともとれますね。

アルペングリーンは希少なマットカラーとなっていて、とても目を引く上に格好いいですね…。

メンテナンスに難儀しそうですが、所有欲は確実に満たしてくれる色だと思います。

イタリアブルーも500SとMirrorでしか展開のないメタリックカラー、存在感は抜群です。

国産車で採用されているメタリックブルーと比べると明るめでありつつも水色っぽくならず、きちんと青をしてます。

晴れた日に眺めるとこれがまた格好いいんですよね…。

6月9、10の2日間フェアを開催

2018年6月9日、10日の2日間、FIATディーラーにて「DRIVE MY S FAIR」が開催されます。

DRIVE MY S FAIR 2018.6.9 Sat - 10 Sun|FIAT(フィアット)
http://www.fiat-auto.co.jp/fair/drivemysfair/

折角?なので、ディーラーへ遊びに行こうかと思っています。

車を買うわけでも試乗するわけでもなく、見に行くだけになると思いますが…。

独特な鼓動感を持つTwinAirエンジンをマニュアルで操れるのは「500S」だけ。

興味のある方、いかがでしょうか。

PC_Adsense




PC_Adsense




-
-,

Copyright© チンクとかX-T2とか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.