カメラ

オールドレンズをX-T2で!K&F Concept製マウントアダプターについて

投稿日:2018年5月19日 更新日:

高額なレンズをそうポンポンと買えない…そんな時にインターネットで調べると出てくるであろう「オールドレンズ」

このオールドレンズを現行のデジタルカメラで使用するために必要な「マウントアダプター」を紹介します。

K&F Concept製マウントアダプターについて

製品について

僕が持っているのはK&F Conceptから発売されている「K&F Concept M42マウント -富士フィルムXマウントアダプター M42-FX」という製品。

この製品は

  • ボディ側:Xマウント
  • レンズ側:M42マウント

となっており、Xマウント機であるFUJIFILMのAPS-CフォーマットのカメラにM42マウントのレンズを着けることが出来るようになります。

他のメーカーからも同様の商品は発売されていますが、名前をよく聞くメーカーのほうがいいだろうとK&F Concept製をチョイスしました。

買った当時の価格は2,446円、多少の変動はありますが大体2,500円前後で購入が可能です。

外観

金属製となっており、特に安っぽさは特に感じません。

メーカー名と対応するマウントを示す刻印が上面側に入っています。

レンズからセンサー(フィルム面)までの距離を合わせるためのアダプターということで構造は単なる筒になっています。

ここにレンズを挟んだフォーカルレデューサーというものもありますが、そちらはまた別記事で…。

レンズを装着

異なるマウントのレンズを装着するということで、当然レンズが無ければ始まりません。

今回は「明るさはそれなりながらも絶妙な画角とよい色乗り」で気に入っているPENTACON 30mm F3.5をチョイス。

APS-Cフォーマットだとフルサイズ換算した際に焦点距離が1.5倍されるため、30mmのレンズは45mmの標準レンズとして使えます。

マウントアダプターの重さ+レンズの重さでちょっとズッシリきますね。

長さもアダプターの分長くなるので、取り回しはどうしても悪くなってしまいますね。

個人的にはある程度のサイズはあったほうが持ちやすいと思っていますが、ここは人それぞれでしょう。

ボディへ装着

クラシカルな見た目のXシリーズにオールドレンズの見た目は抜群に似合いますね!

ただ、レンズ側が大きくなるため、ボディのバランスを考えるとX-Pro2やX-E3よりはX-T2・20の方が似合うことでしょう。

安価なアダプターを使うと心配されるマウントのガタつきも一切なく、がっちりマウント。

フォーカスはもちろんのこと、このレンズは絞りもレンズ側で変更するようになっています。

(オールドレンズはレンズ側で絞り変更をするものがほとんどです)

FUJIFILMのレンズはレンズ側で絞りを変更するものが多いため、違和感なく操作出来るでしょう。

画質はレンズに依存

アダプター側にレンズが無いため、基本的に画質への影響はありません。

レンズの性能がそのまま写りに影響してきます。

現行のレンズと比べると

  • ボヤッとした写り
  • フレアが盛大に出る(逆光に弱い)
  • グルグルボケやバブルボケが出る

等々のネガティブ要素がはっきりと出ますが、これを楽しむというのもオールドレンズの醍醐味ではないでしょうか。

これだけ癖のあるレンズが新しく出てくることはないでしょうからね。

適当に作例とか

オールドレンズは面白い

ちなみにですが、今回のPENTACON 30mm F3.5は6,000円ほどで購入しています。

マウントアダプター込で1万円でお釣りが来ます。

フィルム時代のレンズをフィルムの再現であるフィルムシミュレーションで楽しむ、しかもデジタルだから枚数を気にせず撮れる。

FUJIFILMのカメラだから出来る楽しみ方ですね。

もちろん他のメーカー、特にミラーレスであれば対応するアダプターを用意して同じように遊ぶことが出来ます。

お安くレンズ遊びがしたい方や、クッキリカリカリな写りは雰囲気のある写真が撮りたい方はぜひお試しを。

PC_Adsense




PC_Adsense




-カメラ
-, , , ,

Copyright© チンクとかX-T2とか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.