デジモノとか

Sitpack ZENの2月アップデートがきました

投稿日:

前回の記事で「アルミ製のX-Iについては11月から発送をスタート」とお知らせされていたSitpack ZENの状況ですが、12月のアップデート、新年のお知らせ、1月のアップデートと続いている中でまだ発送されていない様子。

Sitpack ZENの11月アップデートがきました

2月のアップデートで再度動きがありそうな記載があったので取り上げます。

…はたして年度内に僕たちの手元に届くんでしょうか?

Sitpack ZEN February update

内容

今回も安定のGoogle先生による翻訳でお届けします。

最初に発送の遅れが発生している出来事について書かれています。

CNYの直前に私達は残念ながら私達の工場で商品の私達の積み込みの遅れを経験した。

CNYは「Chinese New Year」の略、春節や旧正月と呼ばれる中国の祝日を指す言葉です。
検索すると中国の通貨である「人民元」が引っかかってきますが、そちらではありません。

春節に入る前に積み込み遅れが発生して発送がストップしてしまった、ということでしょう。

更にこう続きます。

停滞により、CNYの後にピックアップを一時停止することにしました。
私たちはその時に更新すべきでしたが、それらを深センの私達のストレージに早く到達させるための解決策を見つけることを望みましたが失敗しました。
香港の税関で潜在的な混雑の危険性があることを強調している我々の物流パートナーと話をしたので、我々は税関の近くで急な倉庫料金の危険を冒す代わりに後でピックアップをすることに決めました。

ストップしてしまった分の製品について、生産している拠点からSitpackチームの元まで輸送しようと試みたようですね。
しかし、それもリスクがあるため断念、安全を取って輸送を後伸ばしに…。

ここで初めて時期的な情報が出てきます。
また、発送にあたり引っ越しとかしてたら住所を修正しておいてね、ともあります。

商品は来週中に発送されます。
そのため、最初の1500ユニットの所有者は、今後数日以内に住所をロックされます。
これがあなたで、あなたが引っ越している、または引っ越している場合 - Backerkitで正しい住所かどうかを確認してください。

このアップデートが2月15日に出されているので2月14日から工場が再開、そこから進捗を把握するには更に時間がかかる様子。

私たちの工場は昨日仕事を再開したばかりなので、次の週にアウトプットの概要を完全に把握できるようになるまでに数日かかります。

何度となく遅延・延期となっていますが、改めて発送の目途が立ったようですね。

選ばれし1,500ユニットの対象者

発送の目途が立った、と言いつつも全員分が一度に発送されるわけではないようです。
最初に1,500ユニットが発送されるということで、バッカーナンバーが若い順からとなるんでしょうか。

となると、僕は1,500よりバッカーナンバーが大きいため、今回の発送対象とはならなさそうですね…。
素材がカーボンなX-IIはアルミなX-Iより遅れますと11月のアップデートでありましたが、今回は種類に対して言及がないので等しく扱われるんでしょうか。

住所の確認をお忘れなく

プロジェクト発表当初から目をつけバック、そして恐らく今回話題に出ている発送の対象となるバッカーナンバーが1,500までの方は住所の確認をお忘れなく。
折角発送されたのに手元に来ないのではさみしいですからね…。

住所変更が間に合わず、送ってほしい送り先以外で発送手続きが始まってしまっている方はSitpackチームに直接連絡をとりましょう。

今度こそ終わりとなるのか

今までは製品の完成が遅れていることから発送も遅れていましたが、今回は製品は完成しており発送で手間取っているだけの様子。
発送されてしまえばSitpackチームの手を離れ、あとは物流を信じて待つだけとなります。

何もしていませんが、長い戦いでした…と言える日はいつになるでしょう。

PC_Adsense




PC_Adsense




-デジモノとか
-

Copyright© チンクとかX-T2とか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.