カメラ

X-T2のアップデート(2018/5)の内容について

投稿日:2018年4月17日 更新日:

FUJIFILMのデジタルカメラと言えば独特の色使いやクラシカルな見た目が挙げられるかと思いますが、実用面で大きなところといえばアップデートによる手厚いサポートでしょう。

発売から2年が経とうとしているX-T2に最新アップデートの情報が公式から出ています。

FUJIFILM X-H1」 「FUJIFILM X-T2」 「FUJIFILM X-Pro2」 「FUJIFILM X-E3」「FUJIFILM X100F」の最新ファームウエアを無償提供
位相差AF性能向上、RAW現像ソフト「FUJIFILM X RAW STUDIO」、フリッカー低減、フォルダ選択、 新シネマレンズ 「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズ MKX50-135mmT2.9」などに対応

5機種について書かれていますが、X-T2のアップデート内容について触れていきたいと思います。

#ファームウェアバージョン:FUJIFILM X-T2 (Ver. 4.0.0)

更新内容

フォーカスブラケット機能追加

読んだ感じMFを使う時に美味しい機能なのかなーという印象です。
「1回のシャッターで最大999コマの撮影」というのは電子シャッターでの動作なんだろうなあという予想ですがどうなんでしょうか。

フォーカスが微妙にずれてしまって「ガチピンを逃した!」ってシチュエーションを回避出来ると思うと、撮影枚数は増えますがミスは減らせるでしょう。
動きモノでも使えるんでしょうか…?

失敗できない撮影では頼りになりそうです。

Qメニューからピントの移動量を変更できると言うこと無しですがどうでしょうか。

シネマレンズ「フジノンレンズ MKX18-55mmT2.9」「フジノンレンズMKX50-135mmT2.9」に対応

2018年6月発売予定のシネマレンズ2本「MKX18-55mmT2.9」「MKX50-135mmT2.9」が使えるようになりますよという内容。
シネマレンズは名前の通り動画用のレンズですね。

価格がそれぞれ50万円前後ということで、一般のユーザーには関係のない項目。
とは言え後述の「F-LogのSDカードへの記録を可能に」や「も合わせて静止画だけでなく動画撮影についても手厚くしてきています。

X-T2の動画機としてのポジションは揺るが無さそうですね。

撮影モード時の情報表示内容の拡大表示とカスタマイズ設定

読んだだけではよく分かりませんでしたが、「FULL HDハイスピード撮影に対応」画面に表示される各種表示を大きく出来る」というものですね。
「DR100(ダイナミックレンジ100)」とかフィルムシミュレーションの「V(Velvia)」といった設定した内容のアイコンを大きく出来、という視認性が上がると。

公式サイトに画像がありますのでこちらも参考に。

よく変更する項目だけ大きく表示しておいて誤設定を防止、というのが使い方になりそうですね。

F-Log SDカード記録に対応

シネマレンズに続いての動画関連の項目です。
F-Logとは何か?という疑問、僕自身が解決できてないので詳しくは書けないんですが、「編集を前提とした動画用のファイル形式」という認識です。
(勉強不足ですね…間違っていたら教えてください…)

今までは「PCとケーブルで接続してPC側へ保存」という撮り方しか出来ませんでしたが、今回のアップデートでX-T2単体での撮影が可能になるわけです。

検索してみるとF-Log自体は評判が良いみたいなので、動画を撮影される方には非常に大きなアップデートなんじゃないでしょうか。

撮影自体は問題なく出来る環境なので、アップデート後に試してみようかと思います。

FULL HDハイスピード撮影に対応

続いてこちらも動画向けの項目。

高フレームレートでの動画撮影がFULL HDのみですが可能になります。

しっかり動画を扱う方だと4KじゃなくFULL HDという点で微妙かもしれませんが…。

像面位相差AF性能の向上

合焦が速く暗いところに弱いAFである像面位相差AFの性能向上ということで4点挙げられています。

  1. 低照度限界を0.5EVから-1EVへ約1.5段分拡張し、暗所でのAF速度・精度が向上。
  2. 像面位相差AFが動作する最小小絞りをF8からF11へ拡大。
  3. ズーム操作中のAF-C機能が向上。
  4. 捕捉性能の向上。

1つ目の暗いところでのAFの高速化は嬉しいですね。
写真を撮るのが何故か昼間より暗くなってからが多いので、非常に恩恵が受けられそうw

2つ目はF11まで絞り込むことがほとんど無い、3つ目はズームレンズを持っていない、4つ目は動物を撮ることがないのでそれぞれ影響はありません…。

フリッカー低減機能追加

最近のデジタルカメラには大体積まれている印象のフリッカー低減機能。
目では中々分かりませんが、常にちらついて発光している蛍光灯なんかの下で写真を撮る時に非常に有効ですね。

折角の写真が露出の不安定さでムラが出てしまうのはもったいないですから…
ソフトウェア面で解決出来るものだと思ってなかったので驚いていますw

フォルダー選択・フォルダー作成機能追加

SDカードへの記録の際に自分でフォルダーを作成、保存先フォルダーを指定できるように。

撮影日毎に新しくフォルダーを作ってそこへ保存をすることで撮影時点でフォルダーの振り分けが可能なわけです。

管理が一気にしやすくなりそうですね。
Lightroomで写真を取り込むと自動でフォルダー分けしてくれるのでLightroom導入済みの方には影響が小さそうですが、やれることが増えるのは良いことだと思います。

フィルムシミュレーション「Eterna」の追加は無し

X-H1の発表があった際に
- X-T2・X-Pro2等と同じX-Processor Proが搭載される
- 新フィルムシミュレーション「Eterna」が追加される

という内容を見たX-T2・X-Pro2ユーザーはこう思ったでしょう。
 「ファームウェアアップデートでEternaが追加されるのでは」

僕もこれには結構な期待をしていたのですが、今回の内容だと追加は無しですね。

動画用フィルムのシミュレーションで写真を撮ったら面白そうだなーと思っていました。
今回のX-T2のアップデートで動画機能も強化されているので、本来の用途である動画用フィルムシミュレーションとして真価を発揮出来たのではないかなと思うのですが。

今回のアップデートでの追加がなかったのは残念ですが、今後のアップデートでFUJIならきっとやってくれると信じています…w

配信予定は2018年5月

フォーカスブラケット・像面位相差AF性能の向上・フリッカー低減機能追加の3点が個人的な目玉ですね。
そんな気になるファームウェアの提供予定は2018年5月となっています。

行楽シーズンであるゴールデンウィークに間に合えば…と勝手に思いますが、この内容ですと5月中・下旬に提供でしょうか。

既に十分な使い勝手のX-T2が更に強化される、配信が待ち遠しいですねー。

PC_Adsense




PC_Adsense




-カメラ
-, ,

Copyright© チンクとかX-T2とか , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.